ジェネリック医薬品を利用しよう
2018.2.1更新

成分や効能は同等で、新薬に比べ低価格のジェネリック医薬品。いまや知らない人は少ないかもしれませんが、まだ欧米よりも普及が遅れています。そのメリットを知り、もっと利用するようにしましょう。

 
上のグラフを見てわかるように、ジェネリック医薬品の利用者は少しずつ増えているものの7割前後。厚生労働省が掲げる早期の8割達成にはまだ遠い。とくに、組合員本人というより家族への周知・普及が遅れている。
 

価格が安い理由
新薬(先発医薬品)は、開発に10〜20年の年月と数百億円にのぼるコストがかかる
特許が切れると同じ有効成分の薬を製造できるようになり、多くの会社の参入が可能に
ジェネリック医薬品は莫大な開発コストがかからないため、価格を抑えることができる

安全性が劣らない理由
有効成分が先発医薬品と同じ
厚生労働省の厳しい試験に合格したものに限る
独自の改良を加えて、服用しやすくしたものもある

価格は新薬に比べ4~5割程度、なかにはそれ以上安くなる場合もあります。たとえば高血圧が続き、運動や食事などで改善しない場合、降圧作用のある薬を飲まなければなりません。降圧薬は長期間服用する必要があるため、ジェネリック医薬品の節約効果は大きくなるのです。
 
1月号「もっとよく知ろう がん検診」
12月号「血圧を上げないライフスタイルとは」
11月号「今日から始める認知症予防」
10月号「自分でできるカゼ対策!」
9月号「健診結果 「要精密検査」「要治療」は必ず病院へ!」
8月号「栄養バランスのいい外食の選び方」
7月号「知っておきたい熱中症対策」
6月号「食中毒にならないために」
5月号「もっとよく知ろう介護保険」
4月号「受動喫煙はほんとうに恐ろしい」
3月号「野菜さんで元気になろう 食べていますか 1日350g」
2月号「健診で「要再検」「要精密検査」と判定されたら」
1月号「市販薬も減税対象になります!!」
12月号「上手に飲もうアルコール」
11月号「接骨院 整骨院などにかかるとき」
10月号「カゼ・インフルエンザの予防」
9月号「ジェネリック医薬品を使いましょう」
8月号「歯の健康を保つために むし歯・歯周病を予防しよう」
7月号「感染症・熱中症にご用心!知っておきたい夏の健康管理」
6月号「たばこの真実と禁煙成功のヒント」
5月号「健康なときこそ健診を受けよう」
4月号「ストレスに強くなる生活って何?」
3月号「よい睡眠が心と体を元気にする」
2月号「健康診断で尿酸値が高いと言われたら」
1月号「目の健康を保つために」
2015年の健康情報はこちら
2014年の健康情報はこちら
2013年の健康情報はこちら
2012年の健康情報はこちら
2011年の健康情報はこちら
2010年の健康情報はこちら
2009年の健康情報はこちら
2008年の健康情報はこちら
2007年の健康情報はこちら