防ごう!熱中症
2010.7.1更新
梅雨の合間や梅雨明け後に増える熱中症。
身体が暑さに慣れていないと起こりやすくなるので、注意が必要です。
こんな日に注意
□気温が高い
□湿度が高い
□風が弱い
□日差しが強い
□急に暑くなった
こんな人は注意
□体調の悪い人
 発熱、下痢、二日酔い、寝不足など
□体調の悪かった人
 回復後も体力は低下しているため注意しましょう
□持病のある人
 心臓病、高血圧、糖尿病など
□肥満の人
□高齢者
□暑さに慣れていない人
熱中症の予防のために

● 帽子や日傘を使用する…日陰も利用しましょう
● こまめに休憩する…運動や作業はなるべく短時間で
● 涼しい服装をする…黒っぽい色は避けましょう
● 水分・塩分をこまめにとる…アルコールは水分補給になりません
● 扇風機やエアコンを活用する…室温は気温との差が5℃以内になるように
● 暑さには徐々に慣れる…日頃から運動して暑さに備えましょう
● 体調が悪いときは無理をしない…自覚することが大切です
● 食事、睡眠をきちんととる…体調管理を心がけましょう
● 集団活動ではお互いに配慮する…責任者はスケジュール管理をしっかりと
● 気象状況や暑さ指数に注意する…

〈参考〉 熱中症予防情報サイト同携帯サイト版

 
監修/田中 英登 横浜国立大学教育人間科学部教授
6月号「歯の健康Q&A」
5月号「2人に1人ががんに? 注意したい「がん」」
4月号「楽しく続けよう ウォーキング」
3月号「こんな生活がメタボを招く!?」
2月号「万全ですか?花粉症対策」
1月号「カゼ、うつらない、うつさない」
2009年の健康情報はこちら
2008年の健康情報はこちら
2007年の健康情報はこちら