健診結果 「要精密検査」「要治療」は必ず病院へ!
2017.9.1更新

健診で、精密検査や治療が必要と判定されたのに、病院に行かない人がいます。放置していると命を落とす危険も。これからの人生を元気に過ごすために、すぐに医療機関を受診し、治療を開始しましょう。

「要再検査」
今回の健診だけでは、数字が一時的なものか、やはり何か問題があるのか、判別できないときに送られてきます。念のため、もう一度同じ検査を受けるようにしましょう。

「要精密検査」
病気が隠れているかどうか確認するため、より詳しい検査が必要です。何もなければ一安心ですし、問題があっても早めに治療が始められるので、勇気を出して受診してください。

「要治療」
脂質異常や高血圧でこのお知らせが来ても、放置する人が多くなっています。早めに治療に取り組めば重症化を防ぐことができ、軽症の場合は薬を飲まなくて済むことがあります。


↓ダブルクリックで拡大します。

 
8月号「栄養バランスのいい外食の選び方」
7月号「知っておきたい熱中症対策」
6月号「食中毒にならないために」
5月号「もっとよく知ろう介護保険」
4月号「受動喫煙はほんとうに恐ろしい」
3月号「野菜さんで元気になろう 食べていますか 1日350g」
2月号「健診で「要再検」「要精密検査」と判定されたら」
1月号「市販薬も減税対象になります!!」
12月号「上手に飲もうアルコール」
11月号「接骨院 整骨院などにかかるとき」
10月号「カゼ・インフルエンザの予防」
9月号「ジェネリック医薬品を使いましょう」
8月号「歯の健康を保つために むし歯・歯周病を予防しよう」
7月号「感染症・熱中症にご用心!知っておきたい夏の健康管理」
6月号「たばこの真実と禁煙成功のヒント」
5月号「健康なときこそ健診を受けよう」
4月号「ストレスに強くなる生活って何?」
3月号「よい睡眠が心と体を元気にする」
2月号「健康診断で尿酸値が高いと言われたら」
1月号「目の健康を保つために」
2015年の健康情報はこちら
2014年の健康情報はこちら
2013年の健康情報はこちら
2012年の健康情報はこちら
2011年の健康情報はこちら
2010年の健康情報はこちら
2009年の健康情報はこちら
2008年の健康情報はこちら
2007年の健康情報はこちら