自分でできるカゼ対策!
2017.10.2更新

季節の変わり目に体調を崩しやすいという人はいませんか。くしゃみが出てカゼをひいてしまったかな思ったとき、わざわざ病院に出かけなくても、市販薬を正しく使うことである程度対処することは可能です。

 

セルフメディケーションとは、「自分自身の健康に責任を持ち、軽度な身体の不調は自分自身で手当てすること」。ふだんから自分の身体に関心を持って自然治癒力を高める一方で、病院に行くほどではない軽い病気やケガは、市販薬を利用したり、自分で手当てをします。ただし、「自分自身で」とはいっても、「自分一人で」というわけではありません。必要なときは薬剤師などに相談し、それでも具合が悪いときには医師の診察を受けるようにしましょう。

 

●症状に合った薬を飲む
一般的なカゼの症状には総合カゼ薬を用いますが、せきや鼻水といった特定の症状が
出ているときは、それぞれに合った薬を飲むのがいいでしょう。

●薬の飲み方、これはダメ!
市販薬を使用する際は、同封の「使用上の注意」を読み、していけないことを確認し、用法・用量を守るようにしましょう。

 

外出から帰ったときの手洗いは大切。接触感染でもうつるので、手のひらだけでなく、手の甲や手首、指と指の間までていねいに洗うようにします。

 
9月号「健診結果 「要精密検査」「要治療」は必ず病院へ!」
8月号「栄養バランスのいい外食の選び方」
7月号「知っておきたい熱中症対策」
6月号「食中毒にならないために」
5月号「もっとよく知ろう介護保険」
4月号「受動喫煙はほんとうに恐ろしい」
3月号「野菜さんで元気になろう 食べていますか 1日350g」
2月号「健診で「要再検」「要精密検査」と判定されたら」
1月号「市販薬も減税対象になります!!」
12月号「上手に飲もうアルコール」
11月号「接骨院 整骨院などにかかるとき」
10月号「カゼ・インフルエンザの予防」
9月号「ジェネリック医薬品を使いましょう」
8月号「歯の健康を保つために むし歯・歯周病を予防しよう」
7月号「感染症・熱中症にご用心!知っておきたい夏の健康管理」
6月号「たばこの真実と禁煙成功のヒント」
5月号「健康なときこそ健診を受けよう」
4月号「ストレスに強くなる生活って何?」
3月号「よい睡眠が心と体を元気にする」
2月号「健康診断で尿酸値が高いと言われたら」
1月号「目の健康を保つために」
2015年の健康情報はこちら
2014年の健康情報はこちら
2013年の健康情報はこちら
2012年の健康情報はこちら
2011年の健康情報はこちら
2010年の健康情報はこちら
2009年の健康情報はこちら
2008年の健康情報はこちら
2007年の健康情報はこちら