血圧を上げないライフスタイルとは
2017.12.1更新

血圧が高いまま放置していると、脳卒中や心筋梗塞を起こす危険性が増大します。ふだんの暮らしの中で、できることから血圧コントロールを始めましょう。

収縮期血圧140mmHg以上、または拡張期血圧90mmHg以上なら、高血圧

高血圧によって動脈内圧が上昇し傷ついた動脈壁は、軽い炎症状態が続いて厚みを増すため、しなやかさが失われ動脈内部が狭くなります。(動脈硬化)

 

減塩をはじめとした食生活や運動、節酒などの生活習慣の見直しで、かなりの血圧低下が期待できます。
(1)減塩
1日6g未満が目標
(2)食事
過食を避け、コレステロールの摂りすぎに注
(3)減量
適正体重(BMI25未満)をキープ
(4)運動
有酸素運動を中心に毎日30分以上。1日合計1時間(8000歩)歩くとよい
(5)節酒
男性はビール中びん1本まで。女性はその半分程度
(6)禁煙
きっぱりやめて、受動喫煙も避ける
(参考「高血圧治療ガイドライン2014」日本高血圧学会)
 
監修/東海大学医学部健康管理学非常勤教授
ひらつか生活習慣病透析クリニック院長
本間 康彦
 
11月号「今日から始める認知症予防」
10月号「自分でできるカゼ対策!」
9月号「健診結果 「要精密検査」「要治療」は必ず病院へ!」
8月号「栄養バランスのいい外食の選び方」
7月号「知っておきたい熱中症対策」
6月号「食中毒にならないために」
5月号「もっとよく知ろう介護保険」
4月号「受動喫煙はほんとうに恐ろしい」
3月号「野菜さんで元気になろう 食べていますか 1日350g」
2月号「健診で「要再検」「要精密検査」と判定されたら」
1月号「市販薬も減税対象になります!!」
12月号「上手に飲もうアルコール」
11月号「接骨院 整骨院などにかかるとき」
10月号「カゼ・インフルエンザの予防」
9月号「ジェネリック医薬品を使いましょう」
8月号「歯の健康を保つために むし歯・歯周病を予防しよう」
7月号「感染症・熱中症にご用心!知っておきたい夏の健康管理」
6月号「たばこの真実と禁煙成功のヒント」
5月号「健康なときこそ健診を受けよう」
4月号「ストレスに強くなる生活って何?」
3月号「よい睡眠が心と体を元気にする」
2月号「健康診断で尿酸値が高いと言われたら」
1月号「目の健康を保つために」
2015年の健康情報はこちら
2014年の健康情報はこちら
2013年の健康情報はこちら
2012年の健康情報はこちら
2011年の健康情報はこちら
2010年の健康情報はこちら
2009年の健康情報はこちら
2008年の健康情報はこちら
2007年の健康情報はこちら