東京都木材産業健康保険組合

保険証と届出保険料と届出保険給付仕事中や通勤・通勤途中のケガについて保険事業(健診・保養所)届出・申請書類ダウンロード退職するときこんなときどうする?介護保険個人情報保護についてリンク集

病気やケガで治療を受けるとき

健康保険の被保険者は、保険医療機関の窓口へ健康保険被保険者証(保険証カード)を提示すれば、病気やケガの治療のために必要とされる医療を受けられます(療養の給付)。被扶養者についても同様です(家族療養費)。

両用の給付を受けられる条件

業務外の病気やケガであること

保険医療機関にかかること

保険証を窓口に提示すること

医療費の一部負担金割合

一部負担金を受診のつど医療機関の窓口に支払うことになっています。

年齢

一部負担金割合

小学校入学前

2割

小学校入学後〜70歳未満

3割

70歳以上75歳未満(高齢受給者)

2割(現役並み所得者は3割)

現役並み所得者:標準報酬月額28万円以上の方。
 (夫婦2人以上の世帯は年収が520万円未満、単身世帯は年収383万円未満の方で
 健康保険組合に申請した場合は除く。)
70歳未満の被保険者に扶養されている70歳以上75歳未満の方は2割負担。
平成26年4月1日までに70歳になっている方(昭和19年4月1日以前生まれ)は1割負担。

当健保組合の付加給付

一部負担還元金/家族療養費付加金
本人または1人の被扶養者が同一月、同一医療機関で診療を受けたとき、療養に要した費用の一部負担金(入院・通院別)として支払った額(高額療養費が支給される場合は、その額を除く)から高額療養費の自己負担額に相当する額の2分の1(3万円未満のときは、3万円)を控除した額を支給します。1,000円以上から支給し100円未満切り捨て。

            

次のページ >>