東京都木材産業健康保険組合

保険証と届出保険料と届出保険給付仕事中や通勤・通勤途中のケガについて保険事業(健診・保養所)届出・申請書類ダウンロード退職するときこんなときどうする?介護保険個人情報保護についてリンク集

在宅で訪問看護を受けたとき

在宅の末期がん患者や難病患者等が、医師の承認を受けて訪問看護事業者から派遣された看護師などに療養上必要な看護などを受けたときは、訪問看護療養費(被扶養者は家族訪問看護療養費)が健康保険から支給されます。 費用の一部は基本利用料として患者負担となります。

訪問看護療養費の額と支給

訪問看護療養費の額は、「指定訪問看護の費用額算定表」により算定された額から患者が負担する基本利用料を控除した額となります。基本利用料は、かかった費用の3割(小学校入学前は2割、70歳以上75歳未満は1〜3割)です。 訪問看護療養費は、健康保険組合が指定訪問看護事業者に直接支払うことになっていますので、患者は基本利用料のみを支払うことになります。

当健保組合の付加給付

訪問看護療養付加金/家族訪問看護療養付加金
本人または1人の被扶養者が同一月、同一医療機関で診療を受けたとき、療養に要した費用の一部負担金(入院・通院別)として、支払った額(高額療養費が支給される場合は、その額を除く)から高額療養費の自己負担額に相当する額の2分の1(3万円未満のときは、3万円)を控除した額を支給します。1,000円以上から支給、100円未満切り捨て。

<<前のページ

次のページ>>