東京都木材産業健康保険組合

保険証と届出保険料と届出保険給付仕事中や通勤・通勤途中のケガについて保険事業(健診・保養所)届出・申請書類ダウンロード退職するときこんなときどうする?介護保険個人情報保護についてリンク集

病気やケガで仕事を休んだとき

病気やケガの療養のため仕事を休み、給料が支払われないとき、被保険者とその被扶養者の生活補償の目的で、傷病手当金が健康保険組合から支給されます。ただし、任意継続被保険者になってから、新たに発生した傷病手当金は支給されません。
「傷病手当金請求書」の書式ダウンロード記入例

支給される期間
【令和4年1月1日改正】

傷病手当金の支給期間が、支給開始日から「通算して1年6か月」になりました。
 同一のケガや病気について傷病手当金の支給期間が、支給開始日から通算して1年6か月に達する日まで対象となります。

支給期間中に途中で就労するなど、傷病手当金が支給されない期間がある場合には、支給開始日から起算して1年6か月を超えても、支給可能となります。

令和3年12月31日時点で、支給開始日から起算して1年6か月を経過していない傷病手当金(令和2年7月2日以降に支給が開始された傷病手当金)が対象です。

支給される金額

【被保険者期間が1年以上】
傷病手当金の「支給開始日」以前12か月間の標準報酬月額の平均額の1/30(標準報酬日額)の2/3
【被保険者期間が1年未満】
加入期間の標準報酬月額の平均額の1/30(標準報酬日額)の2/3または全被保険者の前年度9月30日在の平均標準報酬月額の1/30(標準報酬日額)の2/3のいずれか低い方

申請手続
「傷病手当金請求書」に「医師の労務不能についての意見」と「事業主の給料支払い状況」の記載を受けて出勤簿(写)・賃金台帳(写)を添付のうえ健保組合へ提出

<<前のページ

次のページ >>